業者間の買取価格の差を見てみると・・・

ずいぶん前の話になるのですが評判の買取業者の所に漫画を数十冊まとめて持っていったら6000千円ちょっとの査定金額になったので「おぉ!」と思ったのを覚えています。基本的に自分ではもう読まないしいいやと思っていた物ばかりだったので予想以上の結果になったのは本当に驚きでした。

ハッキリ言って値段なんか全然つかないだろうなぁと思っていたのですが専門業者の所に持っていけば結構イイ感じの値段が付いたので利用したことがない人は絶対に利用するべきだと思います。特に漫画というのは家に何十冊もあるという人は多いと思うので読み終わったら必ず捨てずに売るべきでしょうね。

ただ、売るのはどこでも良いというわけではなくやはり高く買ってくれる所に売ることが重要になってくると思います。もちろん、近所の買取店で処分するのが駄目というわけではありませんがしっかりと業者選びをすればより高値で買い取ってもらうことができたりしますからね。

特に専門書とかなんかは業者ごとに買取金額がかなり異なるのでその点は特に注意しなければなりません。例えば、大学時代に使っていた教科書なんかだと二束三文にしかならない所もあれば1000円以上になる所もあったりしますからしっかりと選ぶということが重要だと思います。

それと余談ですが近ごろではこういった書籍関係以外の買取を行っている業者も増えてきているのでもし不要な物があるようであればまとめて売却してみると良いかもしれません。例えば、ダイヤモンドとかなんかも宅配便を使って簡単に査定してもらうことができる時代になっていますからね。

これまではダイヤモンドを売るというと店舗に行って専門の人に査定してもらうというのが一般的だったのですが最近では宅配を利用している人がとても多くなっていたりします。これはやはり自分の好きな時間帯に自宅から発送できるというのが一番大きな理由になっているのではないでしょうか。

もちろん、宅配買取だからといって査定額が安くなるということはありませんし、お店側としても店舗運営コストが削減できるのでそちらの方が良いという風に感じているかもしれません。いずれにしても手軽に何でも売却できるというのはとても便利な時代になってきたなぁと思いますよね。

やっぱり、不要な物を売却するために何時間も時間を割くというのはかなり無駄が多いので暇がないという人ほどそういったサービスをどんどん活用していくべきでしょう。そうすれば物凄く効率的に時間が使えるようになってきますから無駄に疲れるということもなくなってくると思います。

それにしても業者間の買取価格の差を見てみると凄いなぁと思わざるを得ませんよね。例えばAという業者では40万円と言われたのにB社では50万円、C社では55万円というようなことが多々あったりしますから本当に何も考えずに売るべきではありません。

最安値と最高値の差が15万円って・・・まぁ、いくらの値段を付けるのかというのは各業者の自由ですから別に良いのですが売却する側としては見逃せない部分になってくると思います。だって15万円もあれば高級温泉とかにも行けちゃったりするわけですからね。

しかし、その40万円の査定をした業者が何年も続いているということを考えると何も考えずに売っている人がいるということなのかもしれません。まぁ、早急に処分したいという事情があるのかもしれませんからその辺に関してはあまり他人がどうこういうべき問題でもないのかもしれませんが。